読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肥前から参りました

知らないことばかり

ルーツをツールに

http://2.bp.blogspot.com/-HcYwPkNFxJY/U2tHgvzDD6I/AAAAAAAAgOc/AVd1W_9E1xo/s200/Japan.png

ぼくらはみな地球号の乗組員です。
その中でグループを作って生活しているのですが、じゃあどんな基準でグループを作ってるか。

news.livedoor.com

国籍はその基準の一つだと思うのですが、蓮舫さんのこの件は何が問題かって「今ごろ」判明したこと。

本来便利なものでない気がします。国籍って。

以上、指方でした。

もはや親戚のおじさん

https://4.bp.blogspot.com/-NlnpM53SSIU/V5QoBZs6S5I/AAAAAAAA8mM/OkAA6SKn0p4RzU2L2pgKC-egre8or4aZQCLcB/s200/smartphone_boy_walk.png

スマホ触ってますでしょうか。

news.livedoor.com

昨日iPhone7の発表もありましたが個人的にびっくりしたのは、
国民的、いやオリンピックにも登場したので世界的に有名なヒゲおじさんことスーパーマリオさんの登場です。

今までにアーケードとパソコンに登場しているおじさんですが、

マリオシリーズ - Wikipedia

家庭用ゲーム機ですと、任天堂ハード以外は登場していません。

今回満を持してスマホに登場とのことで、「家庭用ゲーム機ではない認識なんです」判断の親元、任天堂さんの意向なのか、マリオさんが一人暮らしを始めたいのでその第一歩なのか。

ただ何にせよ、おじさんなのでちょっと遅い気もします。

以上、指方でした。

あの日見たブランドの価値を僕達はまだ知らない。

http://1.bp.blogspot.com/-n4Zy5znzzkQ/U9y_ul94R8I/AAAAAAAAjh4/sDzmU7G0UMA/s800/kippu.png


みなさまチケット買ってますか?

news.livedoor.com

通常の価格よりも高値で取引がされることに対して、人気があっていいことだなぁと単純に思ったりしますが、どうやらそうは問屋が卸さないのですね。

ただ、これって単純にチケットの価格設定がおかしかったりしないのでしょうか。チケットの価格を抑えたいのもわかりますが、キャパや予想来場人数を想定して、ブランドの価値を提示するのもまた、事務所の大切なお仕事な気が。

以上、指方でした。

星を買う

http://tabelog.com/images/rst/area/icon_fb_tabelog.gif

月の土地が買える時代

情報サイトの評価サービスを購入できても特に不思議ではありません。

食べログさんのサービスを使用しないと、
同サービス内での評価が基準値に戻るとのことですが、

news.livedoor.com

だったらサービスを利用しないお店をリストから外すべきだと思うのですけども、
そうしないということは、月の権利を主張しているのかもしれないですね。

以上、指方でした。

前世より来世

http://3.bp.blogspot.com/-zqmSqt_BOQE/V8jqWFasBOI/AAAAAAAA9dM/G4gaQ9NMsXgjXXwJuazoWnknp8mQm_VBgCLcB/s400/bg_heaven_tengoku.jpg


前前前世より来来来世。

若干のダサさを気にしつつ、来来!キョンシーズという作品をご存知でしょうか。

http://www.mandarake.co.jp/information/2005/07/09/fko03/p1.jpg

主役だった女の子。

君の名は。テンテン。

http://www.cocodecow.com/forest/goods/images/ATVD-11451.jpg

以上、指方でした。

シン・ゴジラによるビルドアンドスクラップ

シン・ゴジラを拝見しました。
まぁまぁよかったです。

さて、過去のコンテンツを別のアプローチで表現する。
時代がめぐるということは、そのような事も可能であるのだなと思ったわけですが、

じゃあ次のドジョウはどうなるのでしょうか。
そうですね、波田陽区さんです。

言わずもがな、ギターで一世を風靡した芸人ですが、
シン・波田陽区さんはラップでディスります。

しかも最新技術を用いて、街中を歩いているとVRによるシン・波田陽区さんが登場。
151人のシン・波田陽区さんを捕まえると、「残念マスター」の称号がゲットできます。

まぁまぁよい気がします。

以上、指方でした。

二世タレントライセンス制度

最近ネタにされることが多い「二世タレント」。
これって、事務所の方針もあると思いますが、安易に親のタレント性を使用することが問題な気がします。

ではどうしましょうか。
そうですね、資格制度にしましょう。

先ずは親タレント(以下、親タレ)の功績について勉強します。

「へぇ...この作品の濡れ場で評価されたのかぁ」

「あれ、産まれる前に捕まってんじゃん...」

親がどのような道を歩んで今のポジションにいるかは、家庭にいただけでは不明なはず。
このように親タレについて学ぶことで、「不倫はやめておこう...同じ過ちを起こさないぞ!」などと身も引き締まることもあるでしょう。

さぁ、いよいよ試験の日がやってきました。
いつ二世と呼ばれても困らないように、第一次審査は上記の筆記試験。
第二次審査は親タレの持ちギャグや決め台詞を審査員に披露です。

無事最終試験となりました。

もちろん最後に控えているのは親タレ...ではなく芸能界の良心、マツコ・デラックスさん。
判断に困った場合は黒柳徹子さんも奥に控えている徹底ぶり。

この難関をクリアできた者だけが、二世タレントとして名乗ることができるのです。

以上、指方でした。